No.502 (H.26.03.03)  どうなってんの?


                           

          八乙女山・大寺山は、沈黙の登高となった。

          「喋りたくなかった。」 と言ったら、「お互い単独行」 と、
          ネーミングしてくれた山仲間がいたが実に上手い。

          ベンチ・テーブルを造っても、殆ど会話がなかったが、
          「山ノ神」は、ビールとつまみだけは忘れなかった。

          その夜、準備が出来ていないからと外食を勧められたが、
          私は行きたくなかった。

          しかし、娘や孫達は乗り気で、それに押し切られた感じであった。
          そこで、「山ノ神」は、またまたビールを頼んだ。

          私は、「昼も飲んで、また飲むのか?」 と言ったもので、
          「山ノ神」は、萎縮したのか、中から小に注文を変えていた。

          そのような手前、私が飲むハズがない。
          でも、どうなってんの?