No.503 (H.26.03.11)  これも、拘りなのか・・・


                           

           城ヶ平山の山頂は寒かった!

           降雪が激しく、荷揚げのための大地行きを、
           断念しての山行となったから、スタートは遅かった。

           しかし、風もなく穏やかに感じていたが、
           山頂に着いてから風が出てきた。

           それもそのはず、真っ黒な雲に覆われたかと思ったら、
           パッと切れて青空が覗く。

           それも長く続かず、平野や海岸線が見えたと思っても、
           すぐに見えなくなるくらいであるから、凄く風が伴った。

           雪量が少なく、一面にしか壁を造れなかった事もあり、
           風が吹く度に、縮み上がっていた。

           受け皿を忘れた事もあり、コンロの火力が心持たなく、
           じっと我慢が続いた。

           そのような中、「山ノ神」だけが、いつもの点滴を開始した。
           「禁止条項」など、あったものかという感じである。

           「寒いのに・・」と言いたくなるが、
           こちらの方が、じっと我慢である。

           この頃は、そのビール(第3のビール)の他に、
           何か可笑しな物を追加している。

           多分、自家製の果汁酒のようなもののような気がする。
           証拠に残らないような手段としての飲み方なのかもしれない。

           何も寒いところで飲まなくてもよいのにと思うのは、
           余計なお世話か?