No.507 (H.26.08.19)  我慢にも限界がある。


                           

         今回の白山行きに、「山ノ神」は、2本のビールを持参したようだ。
         「山で飲むな!」と、言っても一向に聞かない「山ノ神」である。

         アホらしくなって、私は担がない事にした。
         これが、私の実力行使なわけであるが、
         「山ノ神」には、効き目がないようである。

         如何に、”のどごし” と言えども、酔わないわけがない。
         ”点滴”の名の元に、私を煙にまいているのかもしれない。

         車に乗ってからの話であるが、もうちょっと飲みたくて、
         室堂センターへ、買いに行こうかと思ったと言うのである。

         「こっちは、我慢しているのに・・・」 などは、
         どうも通じないようである。

         山を降りて、喉がカラカラであったが、
         コンビニまで我慢をして車を走らせた。

         冷たいコーヒーと、アイスクリームを買った。
         ところがである。

         「山ノ神」が、店内で右往左往している。
         チューハイなるものを手に持って、つまみを探していると言う。

         とうとう、言ってしまった。
         こちらは、「まだ2時間運転しなければならないんだ!」 

         もっとこらえておれば良かったのに・・・・
         家に戻ってからの仕打ちが怖いのである。