No.508 (H.26.08.27)   解放の日は遠い。


                           

         10日程前、同窓会の案内が「山ノ神」に届いた。
         2年程前に還暦という事で、「お伊勢さん」 行った
         中学時代の同窓会である。
         この間隔でやるのだから、結構纏まっているのかもしれない。

         10月の第3土日であるが、「参加したい。」 という希望には、
         止める意味合いもなく、「行って来たら・・」 と言ってあった。

         私達の休日は、第3日月であるから、土曜日は、
         私一人が働けばよいだけの事である。

         ところがである。
         急に、「山ノ神」が、行かないと言い出した。

         何故か分からないが、山行としては自由になる
         貴重な日曜日を逃したくないと思ったのか、
         それとも、私の行動への不信感を抱いたのかもしれない。

         同窓会に出掛けて、翌日の月曜日に山に行くので充分な気もするが、
         「山ノ神」の思いは計り知れない。

         この時期、「山ノ神」が行きたがらない大猫山・猫又山を念頭に
         置いているだけに、何だか複雑な心境である。

         他人は、「それだけ愛されているのだ。」 と、人事のように言うが、
         今となっては、時々、自由が欲しいと思うのが本音である。