No.51 (H.19.10.05)


     「山ノ神」の結婚前の写真を、いつかお見せしようと思うが、
     その頃は、まんまるとしていた。
     それこそ、はち切れそうな感じであった。

     普通は、だんだんと、目方が増えていくハズなのであるが、
     ドンドンと減っていく。
     「嫁に来て、食べさせてもらえない。」 ような感じである。

     「山ノ神」は食べない。おにぎり一個を食べるのに、何分も掛かる。
     うどんやラーメンとなると、30分は掛かるであろう。

     したがって、山に入って僅かな休憩では、身体への補給は出来ないのである。
     水・果物だけである。

     この頃は、歯の都合が悪いから尚更である。
     夕食に、ご飯がない我が家であるが、辛うじて、アルコール類で、
     食を繋いでいるようなものである。

     あれは噛まなくてもよい。
     水やお茶を飲むのに限界があるが、何故かあれだけは、どれだけでも入る。
     何故であろう。