No.514 (H.28.03.23)   飲み損ないのビール


                           

          先日の大地・初雪山行での二日目を、
          「山ノ神」は、テントキーパーを決め込んだ。

          新雪と視界不良で、不安を感じての決断であった
          ように思われるが、ゆっくり、暖かく寝て、それから
          ビールを飲むのが目的だったらしい。

          しかし、事は上手く運ばなかったようである。
          寝込んでいたところに、大地山頂に客人達が現れ、
          「話し込んでしまった。」 と言うのである。

          その内、我々が、初雪山から戻り、食事の用意を
          しなければならず、自分だけ飲んでいるわけには
          いかなかったらしい。

          日頃は、おくびにも出さない「山ノ神のいじらしさ」
          かと思いきや、やっぱり動いていないと、そんなに
          欲しくもないようだとも言う。

          しかし、「亭主だけを思うがままに山には行かせない。」
          のが本音である「山ノ神」
          山頂はどうでもいいから、その間ゆっくり飲むのがいいらしい。

          そのビールであるが、珍しく運転するから、「私に飲め!」
          という。

          「あんたと違い車の中でまで、飲みたくない。」
          と言ったものだから、またまたダンマリの道中となってしまった。