No.519 (H.29.07.24)   非日常の出来事


                           

         先日の北岳・間ノ岳山行の際、北岳山荘に泊まった。
         久し振りの山小屋泊まりであった。

         受付に立った際のおしらせに、一枚の布団に2人だったか、
         2人で一枚の布団だったか忘れたが、それを見て、ドヒャっと思った。

         何せ、近年、一緒に寝た事がないどころか、
         お互いの棲み処自体が違っているのだから、
         興奮して、いや、蹴っ飛ばされて、寝る事が出来るのかと心配になった。

         幸いというのか、客の入りが、予想より少なかったのか、
         最終的には、一人一枚の布団になったが、それでも隣である。

         これは、まずいと空腹に飲んだお酒が悪かったのか、
         逆に眠れず、朝方は二日酔い状態になってしまった。
         このような非日常はダメである。

         この事を下界に戻ってから、友人に語ると、
         「違った女性となら良かったのか?」
         と茶化されたが、宿側も、そのような無茶な計らいはないから、
         安心くだされ!