No.52 (H.19.10.06)


     「予報は悪い!」 「何処へ行く?」 「分からない・・」
     ギリギリまで待つのが、我が家の流儀!

     しかし、残念な事に、町内に不幸が起きた。
     町内会長としては、通夜も葬儀も参列しなければ・・・

     「山ノ神」に、「一人で出掛けても良いし、誰かと行っても良いよ。」
     と言ったのであるが返事がない。

     私としても、正月から続いている「全休日山行日」 が途切れるのが辛い。
     葬儀が終わってから、近間の低山という事になるであろう。