No.71 (H.19.11.19)


     雨であっても、雪を期待した白鳥山。
     白鳥小舎は、居心地が良く、食べて飲んだ!

     持ち上げられて、飲まされれば、終始ご満悦!
     それは、のんべー達は、皆同じだったかも・・・・

     山中、4時間も続いたのであるから、
     飲まないで、運転をしてくださる方には、手を合わせるしかない。

     その余韻は、帰宅しても続いた。
     「反省会」 と称して、杯を傾けるのである。

     しかし、「晴れ」 が期待出来る明日があるのに、行き先が決まらず、
     「起きてから決めればいい。」 と、
     早々に眠りについてしまった。
     それは、夜半に小雪が舞っていたらでもあった。

     結果的には、それが裏目と出た。
     白木峰管理棟を出発したのが、午前10時半。

     早く早くと、何事にも、のんびりの「山ノ神」を、せきたてるものだから、
     「山ノ神」は切れてしまった。

     歩き始めて2時間半も経った午後1時、
     「もう私はダメ。」 と、さじを投げられて、
     いつもの通り 「あんただけ、行って来られ・・」 になってしまった。

     標高にして、400m余が残っているし、日没を考えると、
     考えさせられたが、行けるだけ行ってみようとなった。
     炊事用具・食料を残して・・・・

     「山ノ神」にしてみれば、してやったり? (まさか・・・)
     天気は良いし、食料はふんだんにあるし・・・

                          つづく