No.73 (H.19.11.20)


      結婚記念日を、決して忘れていたわけではない。
      近年は、山漬けのライフスタイル故、何処へ行って良いのか、
      分からなかったのである。

      ましてや、財布が無く、プレゼントも買えない。
      ならば、「優しい言葉だけ」 でもと思ったのであるが、
      そんなのは、信用出来ない。
      「何か形で表せ・・・」 なのであろう。


      とうとう、なけなしのお金を、出さざるを得なくなった。
      「あれも買えるのに、これも買えるのに・・」 などは通用しない。

      30年は重かった。
      これで、平和が続くのなら、その代償を我慢出来るのであるが、
      次から次へと、良からぬ攻勢をかけて来るに違いない。