No.8 (H.18.10.19)


    「朝起きてきた「山ノ神」は不機嫌であった。」 は、続いている。

    その症状のダンマリは、あまりには凄すぎて、「何で?」 と問うと、
    「分からんがけ・・」 の返事である。

    尚も問い質すと、「山の話をしようと、楽しみにして帰って来たのに、
    さっさと喋って、PC前へ行ってしまった。」 のが理由である。

    私の言い分は別である。目のケガはあったものの、私の方が、
    3時間以上早く帰宅しているし、そのPCの前に消えたと言っても、
    「山ノ神」の帰宅後、2時間以上経っての話である。

    山から帰ってもPCが動かず、イライラしていた事があったが、
    食卓に着いたのも「山ノ神」帰宅の直前である。

    「山の話」をしたかったそうであるが、日頃テレビを見ていて、
    私の言う事など、上の空のくせに、また私がPCをやっていても、
    そこへ来て話せば良いものを、自分の思うようにならなければ、
    何もかも私が悪いのである。

    「そんな事くらい。」 と言ったのが悪く、売り言葉に買い言葉になって、
    「かーっ」となって、思わず結婚生活史上、初めて台所のゴミ箱を
    蹴飛ばしてしまった。
    (でも、すぐ壊れていないか調べるという、貧乏人の悲しい性格である。)  

    今のところ、客人がある時だけは、まあ~、私に合わせてくれるから、
    未だ助かっているが!

    大した事はないし、損得もないのだから、どちらともなく、ニコニコして
    「まあ、まあ」 に、なれば良いものを、このコーナーを開設してから、
    一層意固地になったのであろうか?