No.82 (H.19.12.15)


      12月第3日曜日は、同窓会的山行と題して、日頃ご無沙汰している
      山仲間と集う山行を企画している。

      事は、なかなか思うようにならないが、それでも、久しぶりに、
      何人かと肩を叩きあえる。

      いつもなら、高岡発の車2台に便乗させてもらい、我が家2人も、
      この時ばかりと、大酒となるのであるが、今回は、シゲキ家に不幸があり、
      流石に、一週間も経たないのに、ご一緒する事が出来ない。

      伸子さんの片輪を欠くとなると、我が家が車を出さねばなるまい。
      問題は、帰路に、誰が運転するのかとなるのである。

      雪道・山路は、ダメと「山ノ神」が決め込んでいる。
      今回は、私が主宰者だから、「私が杯、あなたがハンドル」と、
      お願いしているのであるが、これほど怪しい約束はない。

      先に飲まれてしまったら、こちらが、飲むわけにはいかなくなる。
      「どうか、参加者の皆さん、「山ノ神」には、飲みやすい雰囲気を、
      つくらないでください。」 とお願いするしかない。

      それとも、「歩いて歩いて、宴の時間を少なくする。」という手もあるが・・