No.88 (H.20.01.08)


      大辻山行の荷は、26kgと16kg、昨年2月の大倉山行の荷と、
      計ったように同じになった。

      唯、大倉山行の時は、ピッケルを2本担いでいたのだから、
      (1本は、グレッチャーだから、特に重い。)
      その分が少なく(軽く)ならなければならないのに、同じ重さとは・・・・

      その事は、山頂の宴で分かった。
      徳利があった。ペットボトルに入った余分の清酒が出て来た。
      缶ビールが、余計にあった。

      出掛ける時に、「これ、持っていって・・」 と渡された荷、
      何の疑いもせず、リックの中に入れてしまったのだ。

      これからは、検閲せねばならぬようだ。
      でも、「結果オーライ」 だったから、良しとしなければ・・