No.9 (H.18.10.22)


    とうとう「山ノ神」が、白旗を掲げてやって来た。 双方1階と2階に陣取り、
    その距離は18~20mと推測するが、二人暮らしの副産物である。

    明日の山行、またその夕の「飲み会」などの行事を意識しての降参ではなく、
    日頃の歯痛が悪化し、我慢がならずの意味合いが強いようにも思う。

    「痛み止めはないか?」 には、塩を送らないわけにはいかない。
    「飲み会に参加出来るのか?」 と問うと、噛まなくてもいいから大丈夫の答え。

    それまで拒むと、点滴を外す事になり、人殺しになるような気もするし、
    仕方がないか・・・
    この一週間、必要な事以外全く喋らなかった二人、これが雪解けと
    なるのだろうか!