No.92 (H.20.01.16)


      画像が送られて来る度に、歳を重ねている実感に浸る。
      薄毛・シミ・ソバカス・たるみは、仕方がないにしても、
      背が丸くなって、写っているのには、げんなりである。

      寄る年波に適わないが、「年取ったね!」 と言われるのは、
      やはりイヤだ。 自分で言っても、言われるのはイヤなものだ。

      そんなのに、若い人達(山仲間)は、よく私に付き合ってくれる。
      そして、元気を与えてくれる。

      私は幸せ者だ。
      「山」を通じてであるから、やはり 「山」 に感謝しなければならない。


      一方、「山ノ神」
      「きれいに撮ってくれ!」 と言う。

      その気持ちは、分からないでもないが、如何せん、
      カメラは意外と正直である。

      私は、歩きながらでも、シャッターを押す機会が多い方であるが、
      それに気付く「山ノ神」は、すぐ立ち止まって、正面を向く。

      「まともではダメだ!」 と言うと、すぐ膨れる。
      だけど、こちらも苦労しているのだ! 

      「結構いい線いっているじゃない!」 と呈示するが、
      なかなか、「うん」 と言ってくれない。 女は難しい。

      過去に、一枚だけ、お気に入りの写真があり、
      遺影の候補写真として、額に納められている。

      黒い帯を掛ければ、すぐにでも使用出来る。
      「ちょっと、若過ぎやない!」 と更新を迫られているが、
      とても、気に食った写真など、撮れるわけがない。

      やはり、プロの所へ出掛け、大修正をしてもらわなくては・・・。