No.98 (H.20.02.08)


      先日の金剛堂山行きの際、前日の夕に、吉尾氏の参戦が決まった。

      荷の分担から、テントを同氏に持参して頂く事になったのであるが、
      ついでに酒量の話題となった。

      私は2Lの清酒に、3本の缶ビールを担ぐ事を告げると、
      同氏は、「それだけあるのなら、自分は持参しなくても
      良いのではと告げられた。」 が、それを聞いて焦った私は、
      「いえいえ、それではいけません。それは、私達二人分です。」
      と同氏の分は、尚かつ持参するよう促した。

      早めの宴の所為もあったが、同氏が持参された清酒1Lを含めた
      3Lの清酒は、日が暮れる頃には、もうなくなってしまった。

      寒いからであろうか、スイスイ入る酒であったが、悪酔いどころか、
      酔った気もしないのであるから、不思議なものである。

      今回荷造りするにあたり、余計な物はないかと、かなり厳しいチェックをし、
      「山ノ神」が、どさくさに紛れて、私に担がせようとした300mlの清酒を
      見付け、それを外したのであるが、お酒を飲み干してしまった段階では、
      せめて、あれがあればなどと悔しがっていた。

      お酒は、どれだけ飲んでも同じ事、もう少し欲しいと思う時が
      一番良いのでは・・・