元   さ    ん  の  山  紀  行
雨 飾 山 (1,963.2㍍)
<新潟県糸魚川市、長野県小谷村>




 百名山ブームになってから、紅葉シーズンなどは雨飾山頂に人があふれると聞く。増してや土日などは笹平から山頂まで数珠繋ぎだそうだ。近隣の登山者は当然日帰りコースであるが、全国各地から押し寄せる登山者には、一山ニ湯(小谷温泉・雨飾新湯(梶山))も魅力のようである。最近は、その混雑を避け、新雪の頃に出掛ける事が多くなった。初めて雨飾山を知ったのは昭和50年か51年で、勤労感謝の日に、吉村・中山両君共に出掛けたのであるが、その頃は車ではなく、大糸線根知駅から山口までバスに乗り、その後は梶山まで歩きである。しかも山口からはミゾレの中を歩き、梶山に着いた時は完全に雪の中であった。



       
 H.13.05.07 H.15.11.24 H.16.07.06 H.17.06.19 H.18.06.26
 H.19.11.05 H.20.07.07 H.21.06.02 H.22.06.21 H.22.10.11
 H.24.06.18 H.26.10.13 H.27.06.29 H.28.09.05 H.28.10.10
 H.29.09.11 H.30.06.17